月経前症候群のPMS症状に関する知識

PMSの正しい知識やその症状など基礎知識を知っておくことによって、より正しい対処が行えたり理解を示すこともしやすいかと思いますので認識しておくとよいでしょう。

2018年06月

皆さんは「PMS」というものをご存知でしょうか。

近年では、テレビコマーシャルなどでも見けることも出てきましたので、その名前だけでも認識していらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、その詳細についてはご存じない場合もあるかと思います。

今回は、PMSとはどのようなものを指すのか?その症状とはどのようなものなのかについて触れていきましょう。

月経の前にはイライラするPMSとは
月経の前にはイライラしやすく情緒が安定しなくなったり、甘いものが無性に食べたくなったり・・・そのような不調や異変を感じる女性も多いのではないでしょうか。

イライラ

もしかしたらそれはPMSかもしれません。

PMSとは、月経前困難症のことで、月経の3~10日位前から起こる気持ちや体の不調のことをいいます。
月経がくるとそれらの症状は弱くなり消えていくのもその特徴といえるでしょう。

こうした悩みを抱えている女性も多くいらっしゃいますが、PMS症状であるという認識度が低いのもまた事実なのです。

PMSの自覚症状や認識について
先に認識度が低いと記しましたが、PMSにはさまざまな自覚症状があります。
認知度が低い理由としては、その詳細について知らないという背景があるからなのです。
名称と内容を知っているという女性は全体の約4割程度ともいわれているのです。

PMSの症状は、身体的な部分ばかりではなく精神的な不調も多く見受けられますので、やはりその症状を知ることは大切なことといえるでしょう。

PMSの目立つ症状や代表的な症状を見てみる
PMSの症状は人によってさまざま現れます。
同じ人によってもその月によって変化する場合も多く、種類数といえば200以上にも登るといわれているのです。
とはいえ、目立つ症状・代表的な症状というものもあります。
以下、身体的症状と精神的症状に分けて見ていきましょう。

精神的症状
・イライラする
・情緒不安定になる
・落ち着かない
・気持ちが沈み憂鬱になる
・常に張り詰めたような気持ちになる
・家族や身近な人に八つ当たりしてしまう
・集中力が欠ける

身体的症状
・乳房の張りや痛み
・肌荒れやにきび
・体重増加
・下腹部の張りや腰痛
・眠気や不眠
・疲れやだるさ
・頭痛や頭が重たい
・のぼせ感

などが考えられます。

自己診断を過信せずにPMS月経周期
代表的なPMS症状は存在しているものの、注意をしなくてはならないポイントがあります。
それは「自己診断を過信しないこと」なのです。
同じような症状を持つ別の病気もまた存在しているのです。

もし、気になる症状が月経周期にともなわないという場合には、一度病院を受診し検査などを受けられることをオススメしたいと思います。

基礎体温をしっかり測りフォローしていく
対策についてですが、症状が重たい場合には産婦人科などにおいて薬が処方されるかと思いますのでそれを服用する形となります。

また、自ら対策を取りやすくする方法としては「基礎体温」をしっかりと測ることによって準備などもしやすいことでしょう。

さらには、周囲に理解をしてもらうことによってフォローをしてもらうという形の対策方法もあるでしょう。

何より無理をしないことが重要ではありますが、症状にあわせた適切な対処法を見つけていくことをオススメしたいと思います。

このようにPMSの基礎知識について今回は触れていきました。

その症状について知っておくことによってより理解を深めることが出来るでしょう。

それが、正しい対策や予防または第三者として「理解を示す」という事にもつながってくるかと思います。

女性用の避妊薬をお探しの方は、海外医薬品を利用したほうが安く手に入りますよ!正直、日本製も海外も変わりません!

PMSによる栄養バランスについて
食事の摂取方法に問題があると、体重増加やむくみ・乳房痛などが起こる原因となります。

そして、症状悪化にもつながってしまいますので注意すると良いでしょう。

野菜を取り入れて栄養バランスを考えた食事や3食規則正しく摂取するなど基本的な部分から始めてみることをオススメします。

忙しく栄養的に偏りやすいという場合には、サプリメントなどを取り入れながらフォローしていくと良いでしょう。

嗜好品や塩分について
アルコールやカフェイン・塩分は緊張感を高める要因といわれています。

また、イライラやむくみにもつながりやすいのです。

一切を切り立つというのではなく、控えめということを心がけていくのがおすすめです。

過剰摂取はくれぐれも留意しましょう。

運動も取り入れよう
辛い症状があるときに無理をする必要はありませんが、日ごろからの心がけとして軽い運動を心がけると良いでしょう。

有酸素運動がおすすめです。

ウォーキングやヨガなど日常的に取り入れやすい有酸素運動もありますので、ライフスタイルに合わせたものを選んでみると良いでしょう。

タバコについて
喫煙は血行を悪くしてホルモンバランスを崩します。

症状も重症化しやすいともいえますので、できれば禁煙に努めたいところです。

なお、この「喫煙」の定義ですが症状という部分から見ていくと、受動喫煙も含まれます。

日記をつけてみる
一行でも構いませんから、症状の日記をつけるのも分かりやすいでしょう。

現れる時期を把握して予防もしやすいですし、仕事を調整したりなどもしやすいかと思います。

症状を見て自分に合った対処法も見つけやすくなるというメリットもありますので、手帳などに記しておくのも良いでしょう。

健康的な生活で毎日に取り入れたいこと
今回はセルフケアという部分から見ていきましたが、これらの生活は「健康的な生活」という部分にもシンクロする内容といえます。

ですから、症状の重さや発症しているか否かという前に対策予防法として取り入れ健康的な環境を目指すよう心がけていきましょう。

食欲が増加してイライラ状態にあるという場合
血糖値が下がると食欲が増進したりイライラする症状が悪化するというケースもあるのです。

急激に血糖値を上げてしまえば悪循環にも陥ってしまいますので、ゆっくりと上げていくことがポイントといえるでしょうる

食品としては、でんぷんや穀物類豆類などをオススメします。

これは「複合炭水化物」とよぶれるもので、ゆっくりと消化して緩やかに血糖値を上げてくれる食品なのです。

チョコレートやケーキ・果物などは「単一炭水化物」と呼ばれており、急激に血糖値が上がってしまいますので注意が必要です。

なおこの複合炭水化物ですが1日に4回~6回程度、小分けにして食べていくと良いでしょう。

情緒不安定になっているという場合
交感神経が活発になりすぎている可能性があり、ホルモンバランスも乱れている可能性があります。

ですから、それを整えるようにするのがポイントです。

まず、カフェインを避けるところから始めてみましょう。

交感神経が活発になりやすい作用があるというのがその理由です。

情緒不安定を和らげるのには、ビタミンB6やカルシウム・マグネシウムを摂取するのが良いとされています。

具体的には鰹やレバー・ナッツ・海藻類です。

さらには、豆腐や豆乳などには、イソフラボンが含まれておりこれは女性ホルモンと似た働きがありますので同時に摂取していくと良いでしょう。そしてビタミンEもおすすめです!

神経伝達物質の代謝に関与していないものが特に良いとされていて、ブロッコリーやアーモンド類がそれに該当します。

むくみや頭痛に対処する
利尿作用があるビタミンEを含む感想豆類や木の実を摂取していくとよいでしょう。

また、アルコールや塩分はむくみの原因ともなりますので、摂取は控えたほうが良いでしょう。

食べ物を上手に取り入れる
このように、症状にあわせて取り入れたほうが好ましい栄養素や避けたほうがよい食べ物などがありますので、状態に合わせて取り入れていくとよいでしょう。

もちろん、日ごろの生活の中で意識をしていただくのもおすすめとなっています。

ストレッチ
イライラをしたりという症状は、肩こりや腰痛など症状の悪化や悪循環につながってしまいます。

背中をそらす・腕を回すなど簡単なものでも良いのでストレッチをすることをオススメします。

座ったままでもできるストレッチはたくさんありますので、お仕事の合間のリフレッシュにもなるでしょう。

ヨガ
ここ数年、人気も高まっているヨガもおすすめです。

ゆったりとした動作ですので、運動が苦手だという方でも取り入れていただけることでしょう。

今では、精神的リラックスを促すヨガですとか、PMS症状改善のヨガコースなどを設けられている施設もあるようですので有効的に取り入れてみましょう。

散歩
ウォーキングのようにしっかりとしていなくても良いのです。

外に出て歩くという行為そのものが、視覚的にも刺激となり気分転換につながります。

情緒不安定な時やイライラを感じている時にはおすすめです。

散歩というと自然の中というイメージがありますが、必ずしもというわけではありません。

お買い物が好きであればそれでも構わないのです。

もちろん、身体を動かす意識をもって歩くというスタンスでも構いません。

深呼吸
こちらにおいてはどこでも取り入れられる方法といえるでしょう。

身体を動かすのも辛いという場合においては、深呼吸だけでも心がけてみてください。

このことによって頭がすっきりしたりという良い効果を期待できるのです。

大きくゆっくりそしてしっかりと深呼吸をすることで腹筋も使われますので運動としても役立ってくれることでしょう。

その際、目をつぶって広々とした場所を想像するなどというのもまたリラックスにつながってくれるかと思います。

直ぐにできる運動
今回は、今すぐにでも症状緩和のために取り入れられるものを掲げていきました。

症状にあわせて運動内容も変化させていくとストレス無く取り入れていただけることと思います。

有酸素運動をすることは、症状改善ばかりではなく「予防的効果」もまた期待できますので、習慣として取り入れていくのも良いかと思います。

ストレスが重なること
環境が変化したりハードワークが続き緊張状態もまた続いているなどという場合などストレスが重なる時にはその症状もまた重度なものとなりやすいのです。

環境の変化についてですが、結婚や出産という一見すると「幸せな出来事」もまた精神的にはストレスがかかっている場合も考えられるのです。

性格的要因について
一般的には、律儀で真面目・几帳面・完ぺき主義・自分に厳しい・負けず嫌いなど、社会的には好意的に見られるタイプの方ほどその症状が出やすいともいわれているのです。

簡単に言えば、生真面目で誠実だからこそストレスを受けやすい状態を作ってしまうともいえます。

もちろん、絶対的なことではありませんが、該当する項目があれば気に掛けておいたほうが良いでしょう。

食生活や嗜好品について
喫煙者である・飲酒を毎晩のようにしている・カフェインを過剰摂取しているなどという場合は症状が重くなりやすいと言われています。

また、不摂生が続いたり外食や添加物摂取が多いなどといったバランスの悪い食生活が続く場合においても重症化しやすいといわれているのです。

身体全体的な機能も低下させてしまいやすい環境ともいえるでしょう。

自律神経系・体力の低下
例えば、風邪をひいてしまったなどという時には免疫力が低下している状態です。

また、精神的な病気を患っているという場合は自律神経が乱れていることもあるでしょう。

こうした背景が症状を重たくさせていることもあるようです。

免疫力があがったり自律神経の乱れが落ち着くことによって、その症状も比例するように軽くなるというか方もまた多いようです。

環境は変えられる
今回は、考えられる症状を重たくさせる要因について触れて行きましたが自らが環境を変化工夫できるものが大半だったかと思います。

まず、自らが出来るところから環境を整えてみてはいかがでしょうか。

症状を軽減させるという目的はもちろんですが、予防するという意味合いにおいても有効的なことといえるのです。

↑このページのトップヘ